愛媛県の話題

ついに平尾受刑者が見つかる

GWのさなかいかがお過ごしでしょうか?

 

さて愛媛県の刑務所から逃亡していた平尾受刑者がついに見つかりましたね。

 

お昼ごろの速報で流れました。

 

で、平尾受刑者がどこで見つかったのかと言えば何と広島県。

”広島市南区のJR広島駅付近”で身柄を確保だそうで、当初は愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場に居たそうですから海を渡っています。

 

まず刑務所から逃げて、民家から窃盗を繰り返して食料などを手に入れてついには海を渡り本州に到達しています。

 

正直、恐ろしいです。

 

車やお金を盗難して広島まで逃亡

それにしてもネット上では平尾受刑者のサバイバル能力を賞賛する声が一部で上がっています。

 

確かに何もないところから窃盗を繰り返して何日間も逃げていた訳ですから普通の人ではできそうもありません。

 

まるで訓練された傭兵のような動きにも思えますね。今治市から広島市までかなりある上に警察から追われていて更に所持品はゼロだったのですから。

 

ただGW中に捕まって住民の方はホッとしていることでしょう。凶悪な殺人犯ではないものの元々は窃盗犯ですから盗むのが得意のようです。

 

車を盗まれるのは理解できない

ただそんな中で車を盗まれる人がいたのは解せないですね。

 

民家に侵入して鍵を盗んだという話もあるようですがずいぶんとのんびりとしたところだったのでしょう。

 

田舎はどこも日本ではそんな感じなのかもしれません。しかし最近は物騒な世の中だということがよく分かりました。

 

余り言うべきではないかもしれませんが、外国人も増えていて治安も一部悪くなっています。

 

アベノミクスと称して外国人労働者の受け入れも過去最高となっているのも気になりますね。

 

最近の情報ですと中国人が減ってベトナムの方が増えているなど、アジアの多くの国々から出稼ぎ的に来ているそうです。

 

というのも中国の人件費が上がったために日本に来る旨味がなくなったこと、日本の外国人の待遇が著しく悪い(つまりブラック)賃金体系であるということが指摘されます。

 

ですからそのうち、外国人を受け入れようとしても来てくれなくなるという事態になるでしょう。

 

日本は特に英語が分からない人ばかりですし文化も独特で日本人の私ですら当惑することが多いので外国の方なら尚更だと思います。

 

そんな中で労働賃金も不当に低く抑えられている日本に来たい人はいないでしょう。

 

介護の問題もありますが最近ですと待遇の問題、言葉の問題で外国人労働者が減っているそうです。大した待遇でもないのに障壁が多いことも問題のようです。

 

日本という国はオワコンだ

日本という国は今後どうなってしまうのでしょうか?

 

一部ではオワコン(終わった国)と囁かれています。

 

少子高齢化が改善する見込みがなく今後は社会問題化していくことが確定的であると言われています。

 

それはそうかもしれませんね。子供が減っているし結婚する人も減っています。

 

どうやっても若い人たちの負担が増えて、また今後老人の面倒を見る人材も大きく不足していきます。

 

介護する人もいなく、家族もいない人達が増えると言われています。

 

これを解決する手立てはないと言われていて個人個人がいかに備えていくか?が重要でしょう。

 

PR
車買取 愛媛ならこちらで!

更新履歴